コピー能力者には制限を付けないといけないという好例