「どれだけか見当つかぬ」湖から手りゅう弾続々